審美義歯

一般歯科

インプラント

口腔外科

審美歯科

ホワイトニング

審美義歯

QRコードで簡単アクセス
患者の気持ち

マグネット義歯

マグネット義歯とは磁石式義歯固定装置のことです。
従来、部分入れ歯を固定するには残っている歯に金属のバネを使うのが一般的な方法でした。
ところが、このバネ式では使っているうちにバネが弛んだり、変型したり、またはバネがかかっている歯に大きな負担をかけるためにその歯が痛んでしまうといった悩みがありました。

さらに見た目にも前歯にバネが見えて恥ずかしいなどといった問題がありました。


マグネット義歯は強力な磁石(ネオジウム磁石)を入れ歯に仕込んで、バネがかかっていた歯に磁性金属を接着して入れ歯を固定します。

またバネが見えないので入れ歯と気付かれず、自信をもって会話や食事がたのしめるようになったと多くの患者さんに喜ばれています。


具体的には、歯の根が何本か残っている場合に、歯根に磁石を付けて入れ歯を固定させます。
特に下顎の総入れ歯の場合、 マグネット総入れ歯にすると浮き上がりが少なくなり、良く噛めます。
また、留め金がないので、見た目もスッキリと自然で、違和感がありません。
しかもバネや複雑な装置がないシンプルな構造なので、食べカスがつまりにくく、お掃除も簡単なのがメリットです。


入れ歯は痛くて噛めない、入れ歯は硬いものは噛めないとお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

マグネット義歯のメリット・デメリット

~マグネット義歯のメリット~
・装着や取り外しが簡単で手入れが楽
・小さくても強力で入れ歯が落ちたりせず食事や会話が楽しめる
・シンプルな構造でメンテナンス性に優れている
・留め金が無く、見た目に全ての歯を白くすることが出来る
 また装着や取り外しが簡単で手入れが楽を清掃が簡単確実なため、歯周病になりにくい。
・歯に無理な力がかからないので長持ちする
・欠損歯1本から適応できる
・入れ歯の下に歯があるため、入れ歯の沈下が防止できる。
(入れ歯の食い込みを防ぎ、痛みが出にくくなります。)

~マグネット義歯のデメリット~
・磁性金属を接着する歯は神経のない歯でなければならない。
 そのために、時には神経を便宜的に取る必要がある
・MRI(磁力を使った断層撮影装置)などの検査の際に義歯をはずす必要がある
・心臓ペースメーカーを使っている方には使えません