審美歯科

一般歯科

インプラント

口腔外科

審美歯科

ホワイトニング

審美義歯

QRコードで簡単アクセス
患者の気持ち

歯本来の機能をしっかりと考えた治療

 

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。
大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。
つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。

当院では最先端の審美歯科技術により

  • 歯を白くしたい
  • 歯の大きさを整えたい
  • 歯並びをキレイにしたい
  • 治療済みの歯を自然の歯に見せたい
  • 治療の銀歯を白くしたい

などのご要望にお応えしております。

当院が審美歯科をお勧めする方

以下のお悩みや症状のある方にセラミックなどを使った当院の審美歯科治療をお勧めいたします。

  • 笑ったときに銀の詰め物が気になる方
  • 出っ歯など短期間で歯並びを整えたい方
  • 歯茎の縁の黒ずみが気になる方
  • 治療済みの歯が不自然で気になる方
  • 歯の形を希望通りにしたい方 など

当院で使う審美歯科材料

2.メタルセラミック(メタルボンド)

メタルボンドとは、被せ物や差し歯の全体をセラミックで覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療のことです。
すべてセラミック素材でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、非常に丈夫で長持ちするので、奥歯などの強度が求められ部分にメタルボンドは適しています。
また、当院のメタルボンドは全てカラーレス(根元に金属のラインが出ない)になっております。
つまり金属の耐久性の高さとセラミックの審美性、耐久性を兼ね備えた審美歯科治療といえます。

【メタルボンドのメリット・デメリット】

<メリット>
・自然の歯に近い美しさが得られます。
・プラークが付きにくい
 表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。
・保険適用の素材と比較して、強度が高い。
<デメリット>
・保険診療での自己負担金より治療費が多くかかる。
・1回の治療時間が長くかかる場合がある。
・金属アレルギーのリスクがある。
・オールセラミックに比べた場合、審美性がやや劣る。

当院がメタルボンドをお勧めする理由

メタルボンドとオールセラミックの違い

以下に当院がメタルボンドをお勧めする理由を項目別にご案内いたします。

審美性:オールセラミックは確かに綺麗ですが、実は私どもから見ても殆ど違いが分からないくらいメタルボンドも綺麗です。


適合性:金属を使用する為、断然メタルボンドの方が適合性が高いです。(適合の悪いものは歯周病になり、審美性もすぐに落ちてしまいます。)


耐久性:これも断然メタルボンドのほうが上です。適合が良く、歯肉炎になりません。内冠に金属を使用する為、頑丈です。オールセラミックの場合、大臼歯への使用や歯軋りの方など破損も考えられます。(破損修理などはお互いに不愉快です。出来れば避けたいものです。)


治療費:オールセラミックは、メタルボンドの1.5倍から2倍くらいします。
以上の理由により、当院での審美歯科治療ではメタルボンドをお勧めしております。

ご存知ですか?審美歯科用語

審美歯科について、現在インターネット上を含め、数多くの情報が溢れております。
その中で、「オールセラミッククラウン」って何だろう?又は「セラミックインレー」って何だろう?と思われる方も多いと思います。
ここでは基本的な審美歯科用語をご説明いたします。


まず クラウン とは、歯の全体を覆う被せ物のことで、自分の歯の全周を削り、被せることにより、噛むなどの機能回復を図る治療法です。
また インレー とは、周りの歯がある程度残った状態で入れる詰め物のことです。
インレーはあまり大きくない虫歯に使用されます。


尚、審美歯科で使う素材には、金属の外側にセラミックを貼り付けている「メタルボンド」、や全てセラミックで行う「オールセラミック」などがあります。


以上のことから、つまり「オールセラミッククラウン」とは、すべて陶材で作った冠ということです。
また一般的に治療面積の広いクラウンの方が、インレーよりも治療費は高額となります。
※歯科医院によっては若干読み方も異なる場合がありますので、ご了承ください。